事故に合う前に知っておきたいこと

車を運転していると、どんなに注意をしていても、事故が起きてしまうことはあります。
ゴルフ02 そうならないように細心の注意をしなければいけないのですが、自分も動いていて、相手も動いていたり、相手は動かないものでも、視界から見落としてしまったり、原因はさまざまです。
その時は突然に訪れるので、慌てていないつもりでも、何から手を付けていいかわからずに、後で後悔することにもなりかねません。
アクシデントの際に、はじめにするべきチェックポイントは、普段から頭に入れておくと安心です。
ぶつかってしまったら、まず初めに、周辺の交通状況を確認し、自分やぶつかった相手が、交通の妨げや新たな危険になっていないかを確認します。二次的なアクシデントを起こさないように、危険回避を最優先しましょう。
周囲の安全を確認したうえで、トラブルの相手方を視認し、相手が車や人の場合には、お互いに近寄ります。当て逃げなどで相手が確認できないと、その後の処理に時間がかかるので、まずは相手のナンバープレートなどを確認してから車を降りると安心です。
交通トラブルの処理には時間がかかるので、その後の予定にも影響しますが、連絡は、まず警察、そして、保険会社、そのあとに勤務先などの順に行います。