保険と加害者・被害者の関わり

自動車事故の加害者になってしまった場合の義務とは、どんなものがあるのでしょうか?事故直後に、きちんと相手の状態を確認して、救急車や警察を呼ぶのは当たり前ですが、動揺しているとなかなかできないものでもあります。事故を起こしたら、まずはいったん落ち着くためにも、深呼吸をして、相手を確認しましょう。
救急車や警察を呼んだら、つぎは加入している保険会社に電話をしましょう。担当の方が次に何をするべきなのかを教えてくれるはずです。おそらくは、相手の名前や住所、電話番号を控えるように言われて、被害者の方にも教えるように言われると思います。担当の方の言うとおりに、従っておきましょう。当事者同士で話すよりも、その方が感情を逆なでしないですむ可能性が高いですし、必ずしも、直接顔を合わせる必要はないと思います。
その後、多くの場合は会社同士の話し合いになるので、加害者と被害者が直接顔を合わせる機会はないかもしれません。賠償金額や修理費用などの金額で揉めて、裁判等にならなければ、報告を受けるだけになります。
しかし相手側が大きな怪我をするなどした場合には、相手に側に直接謝罪に訪れたり、裁判に出廷する可能性があります。裁判に出て、きちんと罪を償うのは義務ですので、真摯に向き合うようにしましょう。

Filed under: 未分類 — kouji 1:04 AM