無保険のデメリット

車に乗る場合には任意保険に入る必要がありますが、無保険の車も中にはあります。
もしも保険に入っていない車が事故をした場合にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。
基本的には車を所有している人は必ず強制保険に入らなければいけませんので全く保険に入っていない人はいません。
しかしこの強制保険というのはあくまでも被害者への賠償を目的にしたものですので自損事故の場合には全く使えないのです。
どれだけ後遺症が残ろうと車が大きく損傷しようと自分で何とかしなければいけません。
また加害者がいる場合でも強制保険の場合は限度額が低いためにこれだけで賄えない分に関しては自腹で支払う必要があります。
高度機能障害になってしまった場合は数億円もの損害賠償責任を請求されることもあるのです。
今後一生奴隷のように働かなければいけません。
また被害者にとってもデメリットがあります。
保険に入っていない車の被害に遭ってしまった場合には裁判で賠償責任を請求するにしても支払い能力が加害者にはないと判断されるために、あまり賠償金を手に入れられない場合もあります。
もしも自分の思う額の賠償金を出してもらえる判決が出たとしても加害者が支払ってくれないこともあります。
ですので必ず任意保険に入っておきましょう。

Filed under: 未分類 — kouji 8:52 PM