事故現場の確認

自動車事故を起こしてしまった場合に加害者がしなければならないことがらについては、道路交通法のなかにも明記されています。すなわち、自動車の運転をただちに停止して、負傷者を救護するとともに、道路の危険を防止するための措置をとることです。
そのため、まずは路肩などの安全な場所に停車するとともに、負傷者の有無など、事故現場での人や物の被害状況を確認します。その上で、負傷者がもしあれば、その場でキズの手当てなどの応急処置をしたり、病院に運ぶか救急車を呼ぶなどして、適切な救護をしなければなりません。
もし負傷者がいるにもかかわらず、確認を怠って救護もせずにその場を立ち去ってしまったといった場合であっても、道路交通法にいう救護義務違反、いわゆるひき逃げという扱いになってしまいますので、事故現場の確認は素早く、かつ慎重に行うことが大切となってきます。
また、路上に放置された自動車を安全な場所に移動させたり、発煙筒などを用いて周囲の交通に危険を知らせたりといった、危険防止のための措置もあわせて行います。さらに、110番通報か最寄りの警察署または交番に連絡をして、事故の状況についての報告を行うというのが、事故処理の適切な流れです。

Filed under: 未分類 — kouji 8:50 PM